忍者ブログ
Tisini.tisa99 イベント告知 & 活動報告ブログ
プロフィール
HN:
Tisinitisa99
年齢:
8
性別:
女性
誕生日:
2009/09/09
自己紹介:
Tisin.itisaはスワヒリ語で
「99」を意味する言葉。

それぞれ熱い夢を持った
100%に後一歩の99%の可能性を
秘めたメンバーによって構成された
イベントやワークショップを
主に活動の拠点としている
自主的なサークルTisin.itisa99。

発起人:ayumi
発起人 兼 まとめ役:hiromi
発起人 兼 デザイン担当:
akieem zawadi

の3メンバーが主要メンバー。
みなそれぞれが夢と希望に満ち
活動を行っている。
カウンター
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログ内検索
バーコード
14 13 12 11 10 9 8 7 6 5 3
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



こんにちわ。
デザイン担当のakieem zawadiです。

先日NYのウォール街を初めとして、
アメリカの各都市で貧困に喘ぐ民衆が団結し
声をあげるデモがありました。
金融の街、ウォール街であのようなデモが
行われると誰が予想したでしょうか。

戦後、私たちは「アメリカンドリーム」と言われる
アメリカにずっと憧れ続けていたのではないか
と思います。しかし
「われわれは99%である」
の民衆のこの訴えこそが
現実の今のアメリカなのだ、ということを
私たちはしっかりと受け止めなければいけません。

さらに言うと、日本人である私たちの環境も
同じような現実の前に立たされているという
ことも受け止める必要があります。
しかしながら、日本人である私たちは真実を受け止め
真実を語ることが非常に苦手な民族です。

いわゆる、「恥の文化」というものです。

もちろん、おくゆかしさ、謙虚さは大切です。
しかし、虐げられているのにも関わらず
声を上げない事は被害の拡大にしかならず
また人生の大半を無駄な事に
捧げなくてはいけません。

今こそ、私たちも「恥の文化」を捨て
声をあげるべき時なのかもしれません。
本日はtisiniメンバーとして彼らと同じように

「われわれは99%である」

と声を上げてみました。
下記のリンク先を見て何を思うでしょう。
皆さんの中で心に何か響いた方、
どうぞ声を上げてみてください。

それが何かに繋がって
変化していくかもしれないのですから。



一田和樹氏「99%」
http://scan.netsecurity.ne.jp/tag/99%EF%BC%85

We Are The 99 Percent
http://wearethe99percent.tumblr.com/

コモンポスト
http://commonpost.boo.jp/?p=15309


▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
  心を込めて ....★*。
  Tisini.tisa99 メンバー一同

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

PR
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS
TRACKBACK
TRACKBACK URL
忍者ブログ [PR]